自動車保険 見積もり

自動車保険 見積もり

きちんと見積もりを取って比較検討すれば、自動車保険料を今より安くする事が可能です。

売れ筋ショッピングモール > 自動車保険 見積もり

自動車保険 見積もり 内容

自動車保険、必ず入る自賠責(強制)に対して、
任意保険とも呼ばれます。
いつでも人を簡単に傷つける可能性がある自動車を運転するからには、 「任意」といえども加入する事が常識と考えられています。
でも、所詮は掛け捨て。
一年間、自動車事故起こさず、補償を請求する事が全く無くても、
お金は戻りません。

そんなものだからこそ、
自分の車の利用の仕方にあった補償内容を検討して、
見積もりを取った上で比較しておく必要があるんですよね!

自動車保険 見積もり 比較

相手方の補償(対人や対物)に関しては、見積もり金額にあまり差がつきません。
補償金額も、無制限ないしはそれに近い額にするのが普通です。

見積もり金額に差のつくポイントの一つは、単独事故や天災でも補償される
「車両保険」を付けるかどうか・・・。

もう一つは、自分や搭乗者の補償(人身障害補償、搭乗者補償)を付けるかどうか・・。

自分の車両に対する補償の有用性は、考え方一つで決まります。
すなわち、大きな単独事故を起こす事がないという自信が有るか無いか・・・。
保険を利用すれば、次回更新時には保険料もかなり高くなる事になるので、
ちょっとした修理で済むような事故の場合は、あえて利用しないのが普通だからです。

自分や搭乗者の補償に関しては、
既に生命保険等の別の保険で補償されている場合もあるので、
更新時に必要に応じた補償金額を設定すれば良いと思います。

後は、特約で、自分に合った必要なものがあれば、付けておくべきです。
私の場合は、「無保険車障害特約」を必ずつけるようにしています。
相手が常識の無い若者になる確立が高い夜中にも運転する事が多いからです。

他人の車の運転を頼まれたり、他人の車を借りて運転する事が多い人は、
「他の自動車運転危険補償特約」は、あったほうが良いですね
(始めから無料特約として付属している保険会社もあります)。
人の車で事故を起こしても、自分の自動車保険を使える特約なんです!

他の特約には、以下のようなものもあります。

臨時運転者特約
臨時運転者特約とは、記名被保険者またはその家族以外が、
対象自動車を運転していて場合の事故も補償の範囲となる特約のことで、
分かりやすくいえば、友人・知人に自分の自動車を貸していた場合に起こしてしまった
自動車事故の場合でも保険金が支払われる特約のことです。

等級プロテクト特約
等級プロテクト特約とは、契約期間中の事故(等級すえおき事故・ノーカウント事故は除く)
1回目に限り、ノンフリート等級を下げずに、翌年も現在の等級を据え置くことができる特約のことで、
当然その分保険料は割高になります。

自動車保険 見積もり キャンペーン

ほぼ同じ補償内容にして見積もり額を並べると、
会社により、保険料にかなりの差が生じます。
また、更新するたびに、保険料金も変わっていきます
(等級が上がって安くなるのが普通ですが・・・)。

毎年、更新時期が近くなったら、まずは、
一括見積もりで何社かの見積もりを比較しながら、
ご自分に最も合った会社のものを探すのが良い方法でしょう。

無料一括見積もりはこちらから

自動車保険 見積もり トップへ戻る